So-net無料ブログ作成

小田原城の紫陽花 [旅行、ドライブ]

odwara_ajisai2.jpg


小田原城の紫陽花は、山の斜面に植えられ、ピンク、ブルー、白と色合いが美しいのです。
白にブルーという配色は、清楚な感じがします。


odwrara_ajisai8.jpg


odawara_ajisai9.jpg


山の方の紫陽花は、近づきにくいから、なかなか写真が撮れません。
土手の方の紫陽花は、背景が花菖蒲で、綺麗です。


odawara_ajisai3.jpg



odawara_ajisai4.jpg



odawara_ajisai7.jpg


全体は、こんなふうでした。かなり大勢の人が来ていました。


odawara_zentai.jpg



小田原城の花菖蒲 [旅行、ドライブ]

小田原城2.jpg


日曜日、花菖蒲を見に行こうと考えていたら、小田原城で「花菖蒲まつり」開催中と友達が
教えてくれました。新宿で小田急ロマンスカーに乗ると1時間10分で小田原に着くので、
遠い感じはしません。


小田原城へ来たのは10年ぶりです。お城は白くきれいに改修されていました。
手前にいる人たちは、写真撮影用の忍者の貸衣裳を着ています。


菖蒲田は、本丸の正門である常盤木門をくぐり、一段下がった所にあります。
黒いポットに入った苗がずらっと置いてあり、実際に植えられているのではないのです。
管理がらくなようにでしょうね。
左側の斜面は全部あじさいで覆い尽くされ、とても綺麗でした。


小田原菖蒲畑.jpg


名札がないので、花の種類はわかりません。
「万里の響」かしら?

小田原_すじめ.jpg


小田原_煙.jpg


白い花は、鶴と名のつくものが多いけど、これは何かしら?


小田原_白改訂.jpg


小田原_白と紫.jpg


望遠レンズ付きのカメラを持って行ったので、離れていても写真が撮れました。
「松葉重」のようだけど。


小田原_万里響.jpg


小田原_紫すじめ.jpg


白、紫の系統が多いです。小ぶりの花なので江戸系の花だと思います。

全体は、こんな感じで、少し盛りを過ぎていましたが、なかなか綺麗でした。


小田原_全体.jpg


紫陽花の写真は次回にします。

池坊華展 [花]

a1.jpg


先々週ですが、日本橋三越の「池坊華展」に友達が出展しているので、見に行きました。

すくっとした形が美しいだけでなく、いろいろな季節の花が使われていて、どこに何が使われて
いるのかを探すのも面白かったです。この写真は、紫のアヤメに白い百合、松の緑、梅花うつぎなどです。


a2.jpg

アンスリウムのパープル色は珍しいと思ったら、チューリップアンスリウムという名前でした。
山で見かける「リョウブ」が添えられ、下に紫色のトルコキキョウとピンクの撫子、中央の赤い葉はクロトンです。


a3.jpg

バラは洋花ですが、取り合わせているのが、山で見かける白い小さな花の「梅花うつぎ」なので、
和風の感じがでます。


a5.jpg

照明が当たって、うやうやしく飾られていたのが、友達の作品でした。
ここにも松と梅花うつぎが使われ、赤い花の山つつじ、黄色のレンゲツツジ、白い撫子、枇杷の葉、
写真では見えないけど、イチハツ、黒百合もありました。


a6.jpg
これは、一部屋全部を使っているような大きさのものです。
右奥の掛け軸と左側の火灯窓が雰囲気をだしていました。



a9.jpg

豪華なものの後は、こういう「カキツバタ」二輪が清楚で清々しいです。



うちの庭(2017年6月) [うちの庭]

あじさい2.jpg

あじさい44.jpg

あじさい1.jpg


ふんわりと柔らかい朝の光を浴びて、紫陽花が咲き始めています。

今年は、今までずっと咲き続けてきた青色の花の紫陽花の木が全く花をつけません。
間に笹がはびこっていたので、抜き、遅いと思うけど、いちおう根元に肥料を捲きました。
来年、咲くといいけど。

上の写真の紫陽花の木は急に大きくなって、ここに見えているだけでも5つ、裏側もあるので、
かなりたくさんの花を咲かせています。


あじさい3.jpg



花壇にしていたところに、ミニトマト、きゅうり、オクラの苗をを植えました。
それだけでは寂しいので、赤いサルビアもアクセントにと加えました。

きゅうり.jpg


なす.jpg


南向きの「さやえんどう園」に、ナスの苗とサルビアを加えました。

ナスの向こうに、もやもや見えている緑色が、棒にからまるさやえんどうです。
種から植えたので、芽が出てきたときは、うれしかった~[黒ハート]

毎日、20~30とれるので、夕食に丁度いいです。


さやえんどう.jpg